ノロウイルスの対策手段|原因は意外な食べ物にあった

女性

胃腸炎に感染しないために

考える男性

ノロウイルスは人から人へ感染するとても厄介なウィルスなので、しっかりとした対策をおこなわなければいけません。辛い症状を発病しないためにも、石鹸で手を洗い、消毒液でノロウイルスをきちんと死滅させましょう。

もっと読む

感染性の胃腸炎の予防

女の人

一人から大人数へ感染が広がりやすいノロウイルスは、インフルエンザよりも辛いと感じる方も多いので、予防と対策をおこないましょう。保菌者が菌をばらまかないことが一番大事ですが、ばらまいてしまった後はノロウイルスに対応した消毒液で除菌しなくてはいけません。

もっと読む

気をつけたいこと

男の人と女の人

カキが好きな人へ

カキは美容にも健康にも良い食べ物として多くの人から愛されています。しかし、カキはノロウイルスの感染源の代表的な食材であるということを頭に入れておきましょう。ノロウイルス対策では、カキを食べないことという人も少なくありません。しかし、冬場はカキがおいしいので、どうしても食べたいという人もいるでしょう。その場合は、ちょっとした対策を施すことです。生ガキを食べるのは避け、しっかりと加熱して食べるようにしましょう。これだけで十分ノロウイルス対策になります。どれくらい加熱すればいいかというと、中心部を90℃前後で90秒以上が基本です。カキフライなら安心と油断せずに、カキの中まで火を通すようにしましょう。

二次感染に気をつける

ノロウイルスは二次感染にも気をつける必要があります。発症者の世話をする中で感染することもあるので、感染していない人も対策方法を知っておくべきです。ノロウイルスに感染すると、下痢と嘔吐を繰り返すというのが特徴的です。吐瀉物の処理を感染していない人がするなら、正しい処理方法を身につけておく必要があります。吐瀉物を拭くときは、マスクとエプロンとゴム手袋を着けるようにしましょう。拭き取った場所は、次亜塩素酸ナトリウム溶液を使ってきれいに拭くことが大事です。処理が終わった後は、石けんと流水で徹底的に手洗いをすることが重要になります。いつもより時間をかけるようにしましょう。これを守れば二次感染は防げます。

感染の広がりを防ぐには

ウィルス

ノロウイルスは集団感染を起こしやすいウイルスなので注意することが大切です。感染予防対策としてはまずカキなどの二枚貝に十分火を通して食べるということが挙げられます。家族などに患者が出たら、使い捨て手袋や高濃度塩素水で注意しながら汚物処理を行いましょう。

もっと読む