感染の広がりを防ぐには|ノロウイルスの対策手段|原因は意外な食べ物にあった

ノロウイルスの対策手段|原因は意外な食べ物にあった

男女

感染の広がりを防ぐには

ウィルス

カキなどの生食が一因に

ノロウイルスは感染性胃腸炎を引き起こすウイルスの1種です。食中毒菌による食中毒の多くがおもに夏場に発生するのと違い、ノロウイルスによる感染性胃腸炎は冬場に多く見られるのが特徴のひとつです。ノロウイルスによる胃腸炎を発症すると、重い下痢や嘔吐などの症状が現れます。ただし中には感染しても症状が全く出ない人もいます。高齢者や幼児などでは症状が重くなることが多く、しかも集団生活によって簡単に感染が広がってしまうことが少なくありません。ノロウイルスはカキなどの二枚貝に蓄積されていることがあります。それを知らずに生で食べてしまうとウイルス感染が起こる可能性があります。そして感染して症状が出ている人の便や吐瀉物などを介して、人から人へと感染が広がっていきます。

高濃度塩素水で処理する

ノロウイルスの問題点として、一般的な病原菌に対しては有効な対策であるアルコール消毒が効かないという点が挙げられます。そこでアルコールに代わる対策として塩素を使った消毒が行われますが、水道水くらいの濃度の塩素では死滅しないという強い生命力を持つウイルスなので注意が必要です。カキなどを食べるときは、できるだけ十分に加熱してから食べるようにするのが感染予防対策として有効です。もし身近な人に感染者が出たら、看病する際にはさらに細心の注意が求められます。患者の便や吐瀉物を片付けるときは水500CCにつき塩素系漂白剤を10CC加えた高濃度塩素水で消毒します。この時必ず使い捨て手袋をはめるようにしましょう。最近はノロウイルス用の消毒剤も市販されています。患者がトイレを使ったら便座も消毒が必要です。患者の衣類やシーツを洗うときも単に洗うだけでなく消毒を行い、高温で乾燥させると効果的な対策となります。