胃腸炎に感染しないために|ノロウイルスの対策手段|原因は意外な食べ物にあった

ノロウイルスの対策手段|原因は意外な食べ物にあった

男女

胃腸炎に感染しないために

考える男性

手洗いの重視を

一年中を通して感染する恐れのあるのがノロウイルスですが、特に冬は感染の確率が高まりますので、きちんとした対策をおこなわなければいけません。ノロウイルスに感染してしまうと、吐き気や嘔吐や下痢といった症状の胃腸炎が起こりますので、かなりの辛い思いをするでしょう。しかし、一番の問題は感染者が対策をおこなわないと、ノロウイルスは人から人へと高い確率で感染してしまうことにあります。命に関わるように症状がでるのはまれですが(幼児や高齢者は注意です)、辛いことには変わりありませんので、できる限り広めないように対策をしましょう。石鹸を利用して手洗いをするだけでも、ノロウイルスの感染はかなり防げるといわれています。

消毒も大切

石鹸を使うときは、指の間や爪にも気を使い、しっかりと泡を立てて汚れを浮かせて落とすようにしましょう。石鹸ではノロウイルス自体を消滅させることはできませんが、付着したものを洗い流すことができるので、充分な効果を期待できます。感染者の吐しゃ物や便にノロウイルスが多く含まれているため、トイレに行った後は必ず丁寧に手を洗うようにしましょう。なお、予期せぬ嘔吐などで、感染者のノロウィルスが床などに付着してしまった場合もあるはずです。その場合の対策としてノロウイルス用の消毒液が販売されていますので、そちらを散布しましょう。その場合は感染を防ぐためにも、素手で触らないように手袋をして、ノロウイルスを吸い込まないようにマスクで身を守ることが大切です。